#playthemomentーいま、演劇が立ち上がるさまを追う。ー

『たかが世界の終わり』特設サイト

News ー最新情報ー

​ついに、初回配信が終了。

​配信後の感想はこちら!

最新情報は公式Twitterをチェック!@dai7sedaizikken

​11月1日20時、最終配信。ティザー公開中!

Introduction ーイントロダクションー

故・蜷川幸雄の元で育った俳優たちを中心とした、

"第7世代実験室"の新しい試み。

1時間50分のワンカット長回し撮影で挑む、

無観客、配信、舞台。

上演作品は、

「たかが世界の終わり」

フランスの劇作家ジャン=リュック・ラガルス著。

近年ではグザヴィエ・ドラン監督が映画化したことでも話題を呼んだ。

本作の主人公ルイ(藤原季節)は、自身の余命が僅かであることを知り、長年会うことを避けてきた家族の元へ帰郷する。死期が近づいている事を打ち明けようと決心するが、そんなルイに対し家族たち・弟、妹、母、そして弟の妻はーーーーーー

どこまでも噛み合わずに進んでゆく彼らの会話劇は、1995年に38歳で亡くなった著者の自叙伝ともとれる。

幾多の困難を乗り越え、いま、演劇を立ちあげる俳優たちと本作のストーリーが重なってゆく。

1台のカメラで、

1時間50分ワンカット長回しに挑戦!

 

本作は一回限りの無観客上演を1台のカメラでワンカット収録し配信致します。

撮影を担当するのは、是枝裕和監督などの映画作品で知られる撮影監督山崎裕に師事し、現在はドキュメンタリーと映画の撮影をメインに活動する武井俊幸。

舞台ならではの緊張感、没入感のある映像を目指し1時間50分の長回し撮影に挑みます。

Message  ー演出よりメッセージー

演劇は横文字で言うと、

「ライブパフォーミングアーツ(Live performing arts)」

という分野に入るのだそうだ。

これは、

「いま、目の前で (=Live)」

「行われている(=Performing)」

「芸術(=Arts)」

と言うことだろうか。

僕にとって、この言葉はとても腑に落ちる。

 

刻一刻と変わり続ける状況の中

「いま、目の前で演じること」

「一期一会」の体験であって、

それが重要だと思ってきた。

 

そういう当然だと思っていたことが、いま、

なんとも重くのしかかる。

 

「いま、目の前で」という演劇にとって、

とても大きな要素がひとつ抜かれた状況下で、

果たして「一期一会」の演劇を全うできるのか。

けれど、「それでも、頑張るしかない」

と僕たちはすぐに思いました。

 

この原点は蜷川さんであると言わざるを得ません。

いつまでも、師匠の名前をだすのは

弟子たちとしてあまり望ましくないので、

正直いって認めたくないのですが、

僕たちはこの「~するしかない」

という言葉のなかで育てられてきたのです。

 

「理解するしかない」

「覚えるしかない」

「上手くなるしかない」etc…

僕たちの意識の中に自然とプログラミングされていった、

この「~するしかない」の言葉。

もしも現在、師匠がこの世にいましたら、

高い確率でこう言ったのではないかと推測します。

(他のことももちろん言っただろうけど)

 「頑張るしかない」

 

そんなわけで、

「いま、目の前で」を封じられた僕たちが、

配信という形で「一期一会」を全力で果たそうとした、

誠心誠意、努力と工夫の結晶です。

      ぜひ、試しに観ていってください。                   

演出・内田健司​

 

Documentary 

ー本作の上演まで製作の裏側をドキュメンタリー配信中ー

コロナ禍で無観客上演を目指す俳優たち。

彼らの葛藤と模索の日々を追う。

 

​演劇ドキュメンタリー

​#playthemoment

『いま、演劇が立ち上がるさまを追う』

劇場での読み合わせや稽古、

普段は見れない劇場の舞台裏、

俳優同士の何気ない会話など

舞台製作の裏側を垣間見ることができる

​ドキュメンタリー番組です。

 

#1~全8回予定、連続無料配信中!

チャンネル登録お願いします!

S__12107798.jpg

本企画へのご支援募集は終了致しましたが、クラウドファンディングを行うまでの過程や経緯が詳しく載っております。

詳細は画像をクリックして

MOTION GALLERYプロジェクトページへ

Founding 

ードキュメンタリー配信のクラウドファンディング

​ファンディングは終了致しました。

ご支援ありがとうございました!

いま、このときを演じる。
また劇場で会う日のために。

 

という想いでつけられた

ハッシュタグ。

 

#Playthemoment

-プレイザモーメント-

緊急事態宣言が出された4月。

自宅待機となった俳優たちが
自粛中の皆様が楽しめるものを作ろう!
と、コロナ禍で生まれた配信企画です。

第一弾は、

自宅待機となった俳優たちが

一度も会わずにシェイクスピア作品を
リモートドラマ化。

全11話(各話15分ほど)

ダイナナチャンネルで、Let's一気見。

第7世代実験室presents

企画製作はネクスト・シアター有志メンバーによる

自主企画ユニット「第7世代実験室」    

  • Twitter
  • Instagram

©2020  #playthemoment いま、演劇が立ち上がるさまを追う。
by 第7世代実験室